「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」全13話でTVアニメ化 OP主題歌は「LUNA SEA」が担当

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」全13話でTVアニメ化決定。OP主題歌は「LUNA SEA」が担当

2015年から2018年にかけてイベント上映および劇場上映された
アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に新作のオープニングとエンディングを加え、
全13話に再編集したTVシリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』が、
4月29日(月)からNHK総合テレビで毎週月曜0:35(日曜深夜)に放送されることが決定した。

今回のTVシリーズ化にあたり、
機動戦士ガンダム40周年プロジェクトの総合音楽プロデューサーであるSUGIZOさんが参加。

第1弾・第2弾・第3弾とつづく全てのオープニング曲は今年30周年を迎えるLUNA SEAが担当するほか、エンディング曲はSUGIZOさんがプロデュースし、ガンダムの未来を示唆する書き下ろし新曲をはじめ、かつてのガンダムの名曲を様々なフィーチャリング・アーティストとコラボレーションしてカバーすることも予定されている。

再編集により装いも新たになった
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の公開が楽しみだ。

詳細は『前夜 赤い彗星』特設ページへ
http://www.gundam-the-origin.net/

※なお、関西地方では同日1:09からの放送となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする